強度行動障害支援手順書を1dayシートで作成

障害支援:入所障害支援:通所児童タイムライン1dayシート加算帳票監査記録の活用
更新 6ヶ月前

事例概要

ケアコラボでは、強度行動障害 に関する加算に必要な 強度行動障害支援手順書 を、1dayシートで作成することができます。

1dayシートとは

1dayシートは、ご利用者の望む生活リズムや過ごし方をあらかじめ登録しておき、ご利用者に合った支援ができるようにする機能です。

これにより、スタッフ間での情報共有が容易になり、支援に携わるすべてのスタッフが同じ情報を元に支援できます。

※ 1dayシートの使い方
https://tips.carecollabo.jp/tip/5516/

課題・よくあるご相談・解決したいこと

  • 強度行動障害支援手順書に基づいた支援に力を入れたい
  • 強度障害支援手順書に基づいた支援記録を、かんたんに入力したい
  • 強度障害支援手順書を、スタッフ皆がいつでも閲覧できるようにしたい

活用事例

強度行動障害支援手順書 を、1dayシートを使って作成します。

スタッフはいつでも支援手順書が確認でき、全員が同一の情報に基づいて支援できるため、ご利用者に合わせた柔軟で一貫した支援が可能になります。

ご利用者も同じ支援が受けられて安心に繋がります。

また、繰り返し行う支援の記録の効率化や、キーワードの表記ゆれを防いで記録を活用しやすくする効果もあります。

効果

  • ご利用者中心の支援計画: ご利用者の生活リズムや希望に合わせた支援計画が作成できます。
  • スタッフ間の情報共有: すべてのスタッフが同じ情報をもとに一貫した支援ができます。
  • 効率的な記録管理: 支援手順書に基づく記録の入力は簡単で、時間の節約につながります。
  • 監査対策の強化: 支援手順書に基づいた記録は監査対策としても機能します。